ローンを組む

住宅ローンは長めに借りておこう

住宅ローンを組もうとするときにどのように組めばよいのか悩んでいる人も少なからずいます。一方で、一日でも早く完済したいとできるだけ短い期間で組もうとする人もいますし、また、金利が低ければ低いほど良いと考え、少しでも金利の低い住宅ローンを探す人もいます。住宅ローンを組もうとするとき押さえておくべきことは大きく3つあります。1つは住宅ローンはできるだけ長く借りておくということです。なぜならば、住宅ローンほど低い金利で借りることができるローンは他にはないからです。フリーローンともなると10%近い金利を取られることもあります。住宅ローンを多めに借りて、手元にお金を残しておけば、必要なときにお金を借りずに済みます。

無理をせずに返済していこう

2つ目は手数料を確認しておくということです。住宅ローンを一部繰上げ返済するときには一般的に繰上げ返済手数料が取られます。また、変動金利から固定金利に切り替えるときに金利変更手数料を取るケースもあります。さらには、金利は低いものの、借入時に手数料をしっかりと取る住宅ローンもあります。どこにどれくらいかかるのか把握しておくことが重要です。最近では、繰上げ返済手数料がかからなかったり、金利変更手数料がかからないものも多く見られます。3つ目は借りられる額の上限で借りるべきではないということです。多めに借りるのは構いませんが、借入限度額いっぱいに借りると今度は毎月の返済が苦しくなります。自分の身の丈に合ったマイホームを購入し無理のない返済をしていきましょう。

Page Top