コストを抑えつつ

交渉次第でコストが下がる

マイホームを買う時にお世話になることが多いものが住宅ローンです。マイホーム探しは始めるけれども、肝心な住宅ローンについては購入が決まってから探し出す人も少なくはありません。しかし、住宅ローンもマイホームを探し始めた時期に一緒に探す方が良いです。なぜならば、いろいろ交渉することがあるからです。住宅ローンは銀行などの金融機関が扱っているため、その金利や手数料などは値引きすることができないと考えている人も多いですが、粘り強い交渉により、金利を下げてもらったり、手数料を下げてもらったりすることは可能です。特に、住宅ローンを組む時にかかる費用については、交渉の余地が大いにあります。ここを減らすことで数万円単位のコスト削減ができるのです。

まずはどのようなものがあるかを知ろう

負担を抑えるためにはまずどのような手数料があるのか把握しておきましょう。まずは事務手数料です。これは銀行等の金融機関にローンを組んでもらうために支払う手数料になります。次に抵当権などの設定費用で、たいてい銀行が用意した司法書士を利用することになります。さらに保証料や団体信用生命保険もあります。交渉の余地があるのは抵当権の設定費用や銀行に支払う手数料です。また、最近では保証料や団体信用生命保険の保険料については無料としている住宅ローンも登場してきています。このような住宅ローンを最初から選べば、負担が大きく減ることになります。いろいろな住宅ローンを見てまわるには時間がかかります。余裕をもって行動をしましょう。

Page Top