少額でも利用可能

上手な借り方がわかる!事業資金の融資のことならこちらへ。各融資のメリットデメリットをチェックしましょう。

少額融資の利息は必ず低い

キャッシングという少額融資のサービスを利用するときには、元金に対して金利が設定されます。 金利は、元金に対して上乗せされる付加価値であるため金利が設定されているサービスには余分にお金を返済しなくてはいけません。 仮に、10万円のお金を借りて10%の金利が設定されたときには11万円のお金を返済しなくてはいけないのです。 キャッシングの金利に関しては、法改正によって必ず小さな金利が設定されるようになっています。 これは、合法的なキャッシングが登場する前に金利によって大きな社会的な問題が発生したからに他なりません。 金利によって消費者に対して余計な負担を背負わせないように、法律で必ず小さな金利になるように決められているのです。

金利は法律によって固定して決められる

銀行などで住宅ローンを利用するときには、世の中の経済的な動向によって金利が変動することがあります。 しかし、キャッシングの場合は融資の契約の際に決めた金利が固定して利用されるため、この傾向は今後も変わりません。 固定金利として利用されるのは、キャッシングで適用される金利の法律がそのように決めているからです。 この法律は利息制限法と言い、利息制限法では上限金利を明確に決めてその範囲内でお金を貸すことを定めているのです。 例えば、融資の上限金利が20%だとするのならばこの20%以内ならば消費者金融は自由に金利を設定できます。 そして、その範囲内で金利を決めた後は変動的に金利が動いたりすることは絶対にないため安心なのです。